ワーキングマザーで良かったこと、悪かったこと

Q. 4月から初めて職場復帰しますが、とても不安です。

ワーキングマザーで良かったこと、辛かったことを教えてください。

新米ちゃん
新米ちゃん
お迎えした時に「ママ~」って駆け寄って来てくれると、きゅんきゅんきますよね!!
センパイ
センパイ
うちは「お迎え早すぎる!もっと遊びたかった!!」って怒られるよ。

A. 人によって違うことだと思うので、今回は私が個人的に感じたこと、見聞きしたことを参考程度に読んでください。

○ワーママのここが良い

  • 自分の収入があるので、何かあったときにすぐに行動できる
  • 通勤時間は自分の時間
  • 会社のトイレは一人で入れる
  • 会社で大人同士の会話ができる
  • 仕事は終わりがあるから楽だ
  • 仕事は達成感を得られやすい
  • 子どもと離れられる
  • 子どもは保育園でバランスの良い食事と生活サイクルが手に入る

○ワーママのここが辛い

【自分】

  • 自分の時間がない
  • 体力が落ちている
  • 子どもから病気をもらう
  • 自分が病気の時に誰にも頼れない
  • 大丈夫と言い張って誰にも頼らない
  • 頑張り過ぎる
  • うまくできない自分が悪いと思ってしまう

【仕事】

  • 仕事が多くても残業できない
  • 自分以外は残業できる社員なので、会議に無駄な時間が多い
  • 子どもがいるので持ち帰り仕事がはかどらない
  • 遠回しに辞めろと言われる
  • 部署異動
  • 相談できる先輩ワーママがいない

【子ども】

  • 言うことを聞かない子どもに怒鳴る
  • 子どもにあたる自分にイラつく
  • 子どもの夜泣きで熟睡できない
  • 子どもが食べない
  • 子どもと2人きりが辛い

【夫】

  • 夫は休日にいつまでも寝てるのに、私は朝から子どもの世話
  • 私も家にお金を入れてるのに家事の負担が多い
  • ちょっと家事をすると夫がドヤ顔で言ってくる
  • 子どもの病気で休むのや早退は私ばかり
  • 自分だけ好きに時間を使っている夫がムカつく
  • 夫が憎らしくなってしまう

”ワーキングマザーで良かったこと、辛かったことを教えてください。”という質問に対して、圧倒的につらいことのほうが多いですね(笑)

数は辛いことのほうが多いですが、良いことはそれに代えがたいものだと思っています。

特に子育てだけしていると、毎日同じことの繰り返しで達成感を得られることも少なく、出会った人との会話も子ども中心になりがちです。

しかし、職場に行けば仕事の完了ごとに達成感を得られますし、人の恋愛話やバカ話など全然違う話ができます。

”お母さん”という属性ではない大人同士の会話は気楽で楽しいものです。

そして、一番大きいのは「自分でお金を稼ぐ」ということができることではないでしょうか?

以前、私がお金を稼ぐ理由とは というエントリーを書きました。

私がお金を稼ぐ理由は、自分のやりたいことをやる自由が欲しいから。

私がやりたいことは、家族を幸せにすることです。

旦那が怪我をしたらゆっくり休んでいいと言いたいし、
子ども達に色々な経験をさせてあげたい。

これから仕事に復帰すると、大変なことがたくさんあります。

でもそれ以上に、自分でお金を稼いで、わずかでも自分の時間を持つというのはとても大事なのだと実感します。

不安な気持ちもあると思うのですが、まずは良いことのほうに目を向けてみてください。