保育園に着ていける服、着ていけない服

Q. 保育園ではパーカーがダメだと聞きました。

保育園に着ていける服を教えてください。

新米ちゃん
新米ちゃん
保育園によって、厳しいところとゆるいところがありますよね。
センパイ
センパイ
そうだね。
この記事では厳しめな保育園基準で説明するので、これをベースとして自分の通う保育園に確認してみてね。

A. 理想は七分袖Tシャツにユニクロのベビーレギンスです。

保育園では薄着、裸足で過ごすことが多いです。

体を使った遊びも多いので、
飾りが付いている、
パーカー、
ヒモが出てる、
袖や裾が長い、
スカート、
ヒラヒラしたキュロット、
タイツ
などがダメです。

これらは全部動いた時に引っかかったり滑ったりするからです。

他に、
飾りのついた髪留め、
パッチンどめ、
輪ゴムのような素材の小さな髪ゴム
もダメです。

引っかかるという理由以外に、落とした時に間違えて飲み込む子どもがいるからという理由です。

髪ゴムは飾りのない普通の髪ゴムにするように言われます。

ロンパースがダメな保育園もあります。

先生が股の部分を留めるのが大変だという理由と、徐々に自分で着替えられるように上下別れた服がいい、という理由です。

同じ理由で、前ボタンの服もダメです。

肩口や襟元に1〜2個付いている場合は大丈夫です。

体温調節の理由で、
夏のノースリーブ、
冬の厚着やヒートテックのようなあったか素材の服、
もダメだと言われます。

夏のノースリーブは脇の下が出てると冷え過ぎるから。

冬の厚着やあったか素材の服は室内では汗ばむことと、子どもには薄着をさせて体温調節機能を高めるためです。

以上のことから、理想は七分袖Tシャツにユニクロのベビーレギンスです。

七分袖であれば、大き目の服を買っても袖が長過ぎることなく着れて、3シーズン着回せます。

ユニクロのベビーレギンスは伸縮性がよく体の動きを妨げません。

そのため、よくほかの子とかぶるので名前を付けるのを忘れないようにしてください。