​ 貯金は少しずつ価値が減るのを知ってますか?

貯金は何もしないと少しずつ価値が減ります。
これには2つの理由があります。

1つ目の理由は物価が上がるからです。

私が子供の頃は自動販売機の缶ジュースは1本100円でした。
それが今は1本130円です。
内容量は同じで価格が上がってます。

ということは、お小遣い1000円で10本買えた缶ジュースが、
今では7本しか買えません。
もし私が子供の頃にこの1000円を貯金してたら、
この25年の間に缶ジュース3本損してるわけです。

これが、物価が上がるとお金の価値が減る仕組みです。

2つ目の理由は自分のお金に対する価値観の変化です。

私の小学校では、遠足でおやつは300円まで買っていいという決まりでした。

その頃の私にとって300円分のおやつは、
フィリップガムと
すももと
甘イカと
モロッコヨーグルと
フルーツ餅と
ベビースターと
あれとこれも買っても
まだ買える大金でした。

でも、今の私にとっては300円はスタバでラテも買えない値段です。
コンビニでチョコを買ったら、それ以上は何も買えない値段です。
何なら休日に急にお金が必要になって、コンビニATMで216円の手数料を
支払うこともあります。

私自身が子供の頃は300円を大金として見てたのに、
年齢とともにただの小銭になってしまったのです。

これが、自分のお金に対する価値観の変化です。

ある程度の貯金は大事です。
何かあった時に、頼りになるのはお金なので。

でも、ある程度以上は貯めてもったいないだけです。
価値は減っていくので。

お金はとても大切なものです。
でもその大切なものを大事に大事にとっておいた結果、
価値が減ってしまっては残念ですよね。
いつ、どのタイミングで使うのかも考えてみてください。